Pythonスクリプト演習(2020夏休み)

Python

Pythonで日時を取得できる標準ライブラリdatetimeを使ったサンプルです。

ローカルタイムを取得する

実行イメージ

2020-07-17 14:43:30.585204

ファイル名:localtime.py

# ローカルタイム(現地時間)を取得する
from datetime import datetime

today = datetime.now()

print(today)

今日の日付と日時を表示する

実行イメージ

2020年7月17日(金)
14時45分12秒

ファイル名:today.py

# 今日の日付と日時を表示する
from datetime import datetime

# 曜日を漢字で表示するため(0 → 月曜日... 6 → 日曜日)
youbi = ["月", "火", "水", "木", "金", "土", "日"]

today = datetime.now()  # 現地時刻を取得

# 年月日
year = today.year
month = today.month
day = today.day

# 曜日を0~6で取得(0が月曜日)
weekday = today.weekday()

# 時分秒
hour = today.hour
minute = today.minute
second = today.second

# 表示
print("{}年{}月{}日({})".format(year, month, day, youbi[weekday]))
print("{}時{}分{}秒".format(hour, minute, second))

月を和名で表示してみる

実行イメージ(実行した月により変化します)

7月の和名は、『文月(ふみづき)』といいます

ファイル名:tukinowamei.py

# 月を和名で表示する
from datetime import datetime

# 月の和名
watuki = ["睦月(むつき)", "如月(きさらぎ)", "弥生(やよい)", "卯月(うづき)", "皐月(さつき)", "水無月(みなづき)", "文月(ふみづき)", "葉月(はづき)", "長月(ながつき)", "神無月(かんなづき)","霜月(しもつき)", "師走(しわす)"]

today = datetime.now()  # 現地時刻を取得

# 月を取得
month = today.month

# 月を和名で表示
print("{}月の和名は、『{}』といいます".format(month, watuki[month-1]))

時間帯によってメッセージを変える

実行イメージ(実行する時刻により変化します)

14:50
こんちわ!

ファイル名:jikan_hello.py

# 時間帯によりメッセージを変える
from datetime import datetime

today = datetime.now()

# 現在時刻を表示
hour = today.hour
minute = today.minute
print("{}:{}".format(hour, minute))

# 時間帯によりメッセージを変えて表示
if hour >= 3 and hour <= 9:
    print("起きてる?")
elif hour >= 10 and hour <= 17:
    print("こんちわ!")
elif hour >= 18 and hour <=21:
    print("お晩です")
else:  # 夜10時から真夜中の2時
    print("夜分にゴメンね!")

コメント

タイトルとURLをコピーしました